メインコンテンツに移動

ブロックチェーン導入によるサプライ・チェーン・マネージメントの革命的進化

半導体デバイスは、通信、交通、医療、航空、軍需など人命にかかわる機器を含め、あらゆる産業で使用されており、模倣品の混入による被害は甚大です。欧州反偽造事務局(OLAF)の発表情報では、2017年に行った2週間の税関検査において約100万点の偽造電子デバイスが発見・押収されており、グローバルで複雑なサプライチェーンに支えられる半導体製造業界では、その意図しない模倣品の混入に対する対策が大きな課題となっています。半導体からアプリケーションまで一気通貫したトレーサビリティの実現に向けた標準化の取り組みと、その中で、今注目が集まっているブロックチェーン技術の導入がサプライチェーン全体に及ぼす影響についても話を伺います。

Agenda

グローバルサプライチェーンにおけるブロックチェーン導入と標準化の意義

丸山 智浩

PwC コンサルティング(同)

ブロックチェーンを活用した半導体模倣品対策スタンダードの全容

角淵 弘一

SEMIスタンダード 日本地区トレーサビリティ委員会

モビリティの国際コンソーシアムMOBIとブロックチェーンを活用したサプライチェーンの進化について

深尾 三四郎

Mobility Open Blockchain Initiative MOBI / 伊藤忠総研