メインコンテンツに移動

マテリアルズ・インフォマティクスが加速する未来

AI、ビッグデータ、高性能コンピューティングを駆使した新材料探索、マテリアルズ・インフォマティクスの本格的な利用が現実となりつつあります。世界各地で膨大な材料情報のデータ化と探索アルゴリズムの開発が進行し、さらには将来を見据えた量子コンピューティング利用の研究も始まっています。本セッションでは、欧米に立ち遅れているとも言われるマテリアルズ・インフォマティクスの最前線に立つアクセンチュアとIBMから、その取組と実現状況、そして今後の展望をお聞きします。

Agenda

Material Informatics Using Generative Design

Jurgen Weichenberger

Accenture

マテリアルズ・インフォマティクスが加速する未来

武田 征士

日本IBM(株)