メインコンテンツに移動

パネルディスカッション:AIが切り開く未来と技術チャレンジ

2020/12/11(金) | 15:30 - 16:30

映画「スターウォーズ」が描いたロボットによる通訳や宇宙船操縦のシーンが、現実となりつつあります。AIシステムとの会話は、もはや日常的な光景といえるでしょう。 人工知能(AI)は、今世紀にはいり深層学習やビッグデータが登場すると急速に社会に浸透し、私たちの暮らしや仕事にも様々な変化をおこしています。
本セッションでは、日本を代表するAIの研究者である東京大学 松尾豊教授、黒田忠広教授の対談を通じて、AIによって切り開かれる未来の可能性と、そのハードウェア基盤となる半導体技術の最先端について明らかにしていきます。モデレーターには、ニュースキャスターの小谷真生子氏があたります。

 ★このセッションはライブ配信直後から2021年1月15日の期間、オンデマンドでも配信されます

Panelists

松尾 豊

松尾 豊

東京大学 大学院 工学系研究科 教授

アフターコロナに向けたAI・ディープラーニングの進展
本講演では、最近のAI・ディープラーニングの進展について紹介する。今後の技術の予測についても述べる。
また、こういった人工知能の変化が、アフターコロナの時代において、どのように社会や産業を変えるのか、人工知能の未来について解説する。

黒田 忠広

黒田 忠広

東京大学 大学院工学系研究科 教授 センター長

脳・コンピュータ・AI
数学から生まれたコンピュータは、シリコンと出会ってチップになり、半世紀にわたって指数関数的な成長を遂げました。その成長の限界が見えてきた近年、チップは、機械学習と神経回路網を使い、AIチップへと進化しています。神経回路網の刈り込みは、まさに人の脳から学べることです。このように、脳から生まれ、脳に学ぶAIチップは、今後どのような発展をするのでしょうか?半導体からみたAIをお話しします。

小谷 真生子

小谷 真生子

経済キャスター

モデレーター