メインコンテンツに移動

オープニングパネル 産官学トップ鼎談:豊かなデジタル社会構築への課題と提言

2020/12/11(金) | 13:00 - 14:00

半導体技術を基盤とする第4次産業革命によるデジタル化は、私たちを取り囲むあらゆるものを作り替え、効率がよく便利で豊かな社会を実現しようとしています。しかし一方で「データは新しい石油である」と言われるように、データを操作する力を握った人、企業、国家に富が集中する時代となる恐れもあります。これからのデジタル社会の公正で健全な発展をいかにして促すかが、世界の重大なチャレンジとして提示されています。

この各界を代表するビジョナリーによる鼎談では、政界を代表して国際通商に精通される甘利明衆議院議員、学会を代表して東京大学の五神真総長、産業界を代表して東京エレクトロン元会長・社長の東哲郎氏に、デジタル化によって開ける未来と、そのために解決すべき諸課題について議論いただきます。モデレーターには、経済番組のキャスターを数多く手掛ける小谷真生子氏があたります。

★このセッションは12月14日~2021年1月15日の期間、オンデマンドでも配信されます

本セッションをご聴講いただきましたお客様の情報は、聴講時間の長短にかかわらず、SEMIよりスポンサー各社に提供されます。
あらかじめご了承の上お申し込み下さい。
 

Panelists

甘利 明

甘利 明

自由民主党税制調査会長 元経済再生大臣 衆議院議員
五神 真

五神 真

東京大学 総長
東 哲郎

東 哲郎

SEMI名誉役員 東京エレクトロン(株) 元会長・社長
小谷 真生子

小谷 真生子

経済キャスター

Session Sponsors