メインコンテンツに移動
黒田 忠広

黒田 忠広

東京大学 大学院工学系研究科 教授 センター長

1982年東京大学工学部電気工学科卒業。工学博士。同年(株)東芝入社。1988年~90年カリフォルニア大学バークレイ校客員研究員。2000年に慶應義塾大学に移り、2002年より教授。2007年カリフォルニア大学バークレイ校MacKay Professor。2019年より東京大学教授。d.labセンター長。RaaS理事長。IEEEフェロー。電子情報通信学会フェロー。VLSIシンポジウム委員長。

 

Sessions

パネルディスカッション:AIが切り開く未来と技術チャレンジ

2020/12/11(金) | 15:30 - 16:30
映画「スターウォーズ」が描いたロボットによる通訳や宇宙船操縦のシーンが、現実となりつつあります。AIシステムとの会話は、もはや日常的な光景といえるでしょう。 人工知能(AI)は、今世紀にはいり深層学習やビッグデータが登場すると急速に社会に浸透し、私たちの暮らしや仕事にも様々な変化をおこしています。 本セッションでは、日本を代表するAIの研究者である東京大学 松尾豊教授、黒田忠広教授の対談を通じて、AIによって切り開かれる未来の可能性と、そのハードウェア基盤となる半導体技術の最先端について明らかにしていきます。モデレータには、ニュースキャスターの小谷真生子氏があたります。