メインコンテンツに移動
小池 淳義

小池 淳義

ウエスタンデジタルジャパン プレジデント

1978年 株式会社日立製作所入社し、半導体事業部に配属される。生産技術センター第一生産技術部長、半導体グループ生産統括本部生産技術本部本部長を経て、2000年に日立―UMCの合弁会社トレセンティテクノロジーズ株式会社設立し、2002年3月同社の取締役社長に就任する。

2006年8月 サンディスク株式会社 代表取締役社長に就任。2018年4月より、株式会社HGSTジャパン代表取締役 並びに ウエスタンデジタルジャパン株式会社代表取締役を兼任し 日本のウエスタンデジタルを代表するウエスタンデジタルジャパン プレジデントとして 現在に至る。

早稲田大学理工学部
早稲田大学理工学研究科 前期博士課程(修士)
東北大学大学院工学研究科電子工学専攻 工学博士

東京理科大学上席特任教授
東京大学、一橋大学、東北大学講師
一般社団法人日本社会人アメリカンフットボール協会会長

著書:『人工知能が人間を超える シンギュラリティの衝撃(PHP研究所)』

 

 

Sessions

グランドフィナーレパネル:グローバル半導体産業の持続的発展への課題と提言

2020/12/18(金) | 13:00 - 14:00
半導体は過去半世紀にわたりイノベーションと成長を続け、現在では人類のあらゆる活動を支える根幹技術となっています。これだけの浸透をしてもなおコモディティ化しないのは、弛まぬイノベーションにより常に技術の最先端にあるためではないでしょうか。  本パネルディスカッションでは、半導体業界の持続的成長とイノベーションの在り方について、そして今後の企業成長の条件となるであろうESG(環境、社会、企業統治)、特に省エネルギーへの取り組みについて議論を深めます。 パネリストには、ウエスタンデジタルジャパン、JSR、東京エレクトロン、日本マイクロソフトのトップにご登壇いただき、モデレーターには、経済番組のキャスターを数多く手掛ける大里希世氏があたります。 ★このセッションは12月21日~2021年1月15日の期間、オンデマンドでも配信されます