+81.3.3222.5988

Japanese

WORLD OF IOT_通信_Report_2

  

 インダストリーIoT市場拡大の鍵として期待される
 フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス(FHE)
 - 産業融合がもたらすエレクトロニクス産業のフロンティア -

 

木下 剛

 

一般財団法人インターネット協会 副理事長 
木下 剛

IoTエバンジェリストとして業界活動に幅広く従事中。
元 シスコシステムズ 日本法人専務執行役員、最高技術責任者(CTO)

 

 

WORLD OF IOTの開催にあわせて、今やあらゆる産業界から注目を浴びる「IoT」を取り巻く状況や最新動向を、4回に分けてレポートします。
第2回目の今回は、IoTアプリケーションの源泉であるエンドデバイス、特にIoTと密接したセンシングテクノロジーについて取り上げます。

 

IoT利用拡大に伴い歴史的な進化に向かうセンサー産業

ご存じの通り、現在、光度、温度、位置、加速度、イメージ、環境、化学センサーなど多岐にわたるセンシング技術がスマートフォン、ウェアラブル、ドローン、FA、自動車・交通システムなどに広く実装されるようになり、センサーの小型化、センシング機能の高度化、対環境性能向上など、機能とコスト改善に裏付けされた市場が拡大を続けています。

世界のセンサー市場では、日本企業が強みを発揮し、約47%の市場シェアを占めています。2016年の市場規模は約3.4兆円と推測され、さらに2025年に向け年率10%の成長が見込まれています。 *1 こうした明るい市場展望を支えるように、2016年には1日あたり550万個のIoTデバイス・センサーが新たにインターネット接続され、その総数は前年比30%増の64億個となる爆発的な伸びが予測されている *2 ことは、前号で触れた通りです。

IoTセンサー・デバイスは、主機能であるセンシング技術領域に加え、クラウドやIoTサービスプラットフォームと連携するための“つながる”基本機能面における各種無線通信技術方式対応など、総合的な付加価値を高める技術革新が同時進行中です。これらIoTセンサーアプリを牽引する新たな市場ニーズの主体は、環境、農業、流通小売、エネルギー、インフラモニタリングなどモノ系のフィールドセンサー領域です。IoTフィールドセンサーが備えるべき基本機能として通信機能の一体化が求められますが、フィールドでのIoTニーズが拡大するにつれ、電源確保や消費電力面から課題を内包してきました。しかし、昨今のLoRaやBLEなど省電力特性を備えたIoT向け通信技術の発達や、デバイス自体が熱や振動を電力に変換する自律電源技術(エナジーハーベスト)の実用化に向けた技術革新には眼を見張るものがあり、ありとあらゆる場所で膨大なセンサーが利用される時代に向けた次世代IoTセンサー・デバイスの糸口が見えつつあります。

更に、“IoT by Design”の新しい着眼点から取組まれる IoTセンサー・デバイスの研究開発活動も活発化しており、新たな産業到来の兆しがみられる最新注目領域として、フレキシブル・ハイブリッド・エレクトロニクス(以下、FHE)があります。これは、半導体微細化技術、新素材、印刷技術、製造技術の融合によるテクノロジーイノベーションの成果として、センシング、通信、バッテリー、メモリーが柔軟な新素材上に一体化し、IoTセンシング・プロダクトとして提供されるものです。この新たなセンシング技術の、従来とは大きく異なる特徴のひとつは、その需要先として念頭に置かれているものが、現在のセンサー市場拡大を牽引しているスマートフォンやウェアラブルなどのモノ系センサーではなく、ヘルスケアバイオセンサー、ウェアラブルディスプレイ、ロボットなどヒューマン系のフィールドセンサー用途である点です。ヒューマン系IoTセンシングアプリケーション市場では、現在でも一部モノ系IoTフィールドセンサーを活用した事例がみられますが、機能面、コスト面共に求められる使用環境ニーズを満たすには不十分なため大きな市場形成に至っていません。 FHEは、人体に関連した新しいセンシング技術利用の道へ拡大するだけでなく、従来モノ系フィールドセンサーが利用されてきた幅広いIoT領域において新たな息吹きを吹き込むことが予想される革新的技術といえます。従来関わりの薄かった複数の産業技術が融合することで創出されるテクノロジーイノベーションによって、潜在的成長余地が膨大であるIoTフィールドセンサー市場も本格的成長段階へと移行する トリガーとなることが展望されます。 

 

Flex Tech 2015年 SEMIと戦略的パートナーとして統合

 

エレクトロニクス産業のフロンティアとして急速成長が見込まれるFHE

前号で シリコンバレーにおけるIoT関連イノベーション推進動向として、米国政府の推進する製造業における次世代ものづくり技術革新クラスターNMMIの新たな拠点として開設された「NextFlex」について触れました。この最新クラスターは、電子部品産業へ新鮮な発想である「FHE」によりフロンティアを切り拓くべく、 “エレクロトニクス on エブリシング”を標榜し、IoT時代のセンシング新産業振興の取り組みとして、シリコンバレーの中心地であるサンノゼ市内に開設され、2016年8月から本格的に始動したところです。

 

 

図1:米国におけるIoT時代の製造業における次世代ものづくり技術革新へのオープンイノベーション推進プログラム

米国MNNI

 

NextFlex」は、連邦政府からの5年間で$75M(日本円で約77億円)の予算に加え、民間からマッチングファンドとして$96M(約100億円)を確保しています。セミコン業界、プリンティング業界、マテリアル業界、製造業の複数の産業界にまたがった産学連携オープンイノベーションプラグラムとして、2020年までに、「最大72時間連続動作する、人体に優しく伸縮性特性をもった素材によるセンシング、バッテリー、通信、メモリーが一体となった ディスポーザルなバイオセンサーパッチを$2(約200円)で事業化を目指す」という野心的な目標を掲げています。

 

インダストリーIoTは更なる成長へ

FHEが切り拓く新たな市場には、 バイオセンサー、AR/VRなど各種グラスディスプレイ、各種センシングデバイス、ロボットなど多岐にわたり、次世代エレクトロニクス産業として如何にFHEが有望視されているかが、プログラムリーダを務めるFlexTechが公開している資料(以下図2参照)から読み取れます。

 

図2:エレクトロニクス産業の新世代を切り開くFHE

 

 

ヒューマン系センサーのウェアラブル・デバイスではカバーできていなかった領域を、FHEを活用することで日常生活、業務、ヘルスケア・介護医療サービス等の分野に革新をもたらすIoTアプリケーション・サービス市場の形成、展開が展望されており、実際にヒューマン系IoTアプリケーションとサービスビジネスの成否の鍵を握っているといっても過言ではないでしょう。

FHEは人体に関連した新しいセンシング技術を利用する道を拡大するだけでなく、サービスロボットなどへ幅広く応用するニーズが想定されます。IoTビジネスがもたらす経済価値創造予測において、2025年に約1,100兆円規模が期待されていますが、その中でもヒューマン系IoTアプリケーションは、最も潜在的成長余地が大きい領域のひとつとして注目されています。 *3

 

 

図3: IoTがもたらす経済価値創造予測におけるヒューマン系アプリケーション *3

 

 

ビジネスの世界で近年注目されてきたヒューマン系業務におけるITイノベーションは「ITコンスーマライゼーション」、すなわち、C (Consumer)向けに登場したSNS、モバイル・タブレット、クラウド、チャットボッドなどの新しいサービスを、ビジネスにも少し遅れて取り入れていくという流れでした。しかし、IoTセンシングのヒューマン領域のイノベーションは、例えばFHEを利用したデジタルヘルスケアなど、まず産業・ビジネス領域を起点として急速に変化、加速していくことが予想されます。既にIoTのモノ系センシングデバイスを利用した様々なデジタルヘルスケア・ソリューションは登場しているものの、ビジネスとしての大ブレークスルーには至っていない中、FHEによって実用化が目指されるヒューマン系IoTセンシングの利用と応用は、今後のインダストリーIoTビジネスの発展と持続的成長を牽引する鍵として大きな期待が寄せられます。

SEMICON Japan 2016 特別展「WORLD OF IOT」では、今回紹介させていただいた新産業として、今後2020年頃に向けて急成長が大いに期待されるシリコンバレー発FHEに関する活動紹介が、展示とセミナーの両方で企画されているので、来場の際にはぜひ足を止めていただければと思います。

 

>> 続く・・・ 第3号 IoT ベンチャー、スタートアップと業界再編動向 -半導体、AI、インダストリー関連など幅広い分野で活発化-

>> 前号を読む・・・第1号 新たなステージのIoTがもたらす社会と産業の姿 -デジタルエコノミー時代のイノベーションエンジン-

 

*1  出典元:日本政策投資銀行 DBJレポートNo. 247(2016年1月26日)

*2  出典元: 調査会社ガートナーレポート

http://www.gartner.com/newsroom/id/3165317
accessed December 9, 2015.

*3  参照元:  Unlocking the potential of the Internet of Things , McKinsey Global Institute June 2015

http://www.mckinsey.com/business-functions/business-technology/our-insights/the-internet-of-things-the-value-of-digitizing-the-physical-world

 

<特別展 WORLD OF IOT>
2016年12月14日~16日 東京ビッグサイト
詳細・入場登録

<FHE (Flexible Hybrid Electronics) 関連セミナー>
Flexible Hybrid Electronics Forum(1) FHEによる新しいものづくり時代の到来
Flexible Hybrid Electronics Forum(2) FHE応用アプリケーションの展開、新しいことづくり時代へ

お申込み

Share page with AddThis